症例

全顎治療の症例

主訴 入れ歯が合わない、前歯が気になる、全体的に綺麗にしたい
診査診断 左下奥歯の欠損による残存歯への負担の増加、不良補綴物による審美障害、噛み合わせ不良
治療期間 約2年2ヶ月
治療費用 約350万円
治療内容 歯周病治療、欠損部への骨造成を含むインプラント治療、根管治療、虫歯治療、仮歯による咬合治療(咬合挙上)、オールセラミック修復による審美的な改善
リスク 歯根破折、セラミック修復物の破折や脱離、インプラント周囲炎発症や歯周病の悪化、噛み合わせの変化など
初診時口腔内正面観

初診時口腔内正面観

歯周病治療、根管治療、インプラント埋入後、仮歯で噛み合わせの変更(咬合挙上)を行い経過観察中

歯周病治療、根管治療、インプラント埋入後、仮歯で噛み合わせの変更(咬合挙上)を行い経過観察中

ラミネートベニア、オールセラミッククラウンなどの最終修復物装着後

ラミネートベニア、オールセラミッククラウンなどの最終修復物装着後

最終補綴物装着後4年経過時の拡大写真(治療後メインテナンス継続)拡大率が変わっているので、写真はどちらか良い方を選択頂いたらかと思います。

最終補綴物装着後4年経過時の拡大写真(治療後メインテナンス継続)

ア電話ご予約