ブログ

未分類

日中の気温が一気に上がってきましたね(^◇^;)

25度越えの地域もあったようですし

春はどこに??(゚o゚;;

ただ、まだまだ朝晩は気温も下がって肌寒いので

体調管理には十分に気をつけてください!!

新型コロナも感染者が減らないまま、なんとなく増加傾向にある地域も出てきているという話

山口県もあまり変わらない感じですし

寒暖差による風邪にも、新型コロナにも気をつけてお過ごしください!!

新学期も始まり、入学式も終わったようですね

当院のスタッフにもお子さんの入学式でお休みしたスタッフもおられました。

新型コロナのこともあって、大変な時期での卒業式や入学式だったと思うので

ご両親も本当に大変だったと思いますが^^;

皆さん良い式であったことを願っております。

この4月から保険治療の改定もあって

色々と変わったこともあります

その中で、インレーと言われる一部だけ歯を削って型をとって主に金属を入れる治療がありましたが

そこに一部の歯ですが、白い材料を使えるようになりました。

(前から白いものもありましたが、割れやすい材質だったためほとんど用いられていませんでした(・_・;))

この材料は、金属と違って強度に限界があるので

削り方はセラミックと同じようにしないといけないのですが

それを金属と同じ削り方をされてしまう先生が多いようで、歯科技工士さんが困っているという話があります。

当院ではほとんどインレーというものをしておらず

基本的にはレジンと言われる白い詰め物で治療を行うことが多いです。

セラミックで治療をしても良いと言われても、必要ないと思えばレジンで治療しているので

当院の経営は一向に上向かないですが(笑)

歯科医師として、良心に恥じない治療を心がけていると、必要ない治療はできるだけしたくないですし

自費治療を凄く勧められてやったけど、大した結果が出てないような治療後を見ると…な気持ちになります。

新しい材料も、しっかり使い方を考えて使わないとトラブルを起こすだけです。

もちろん、噛む力の強さや神経のある歯なら削れる限界もありますし、噛み合う歯に合わせた形になるしで

制限はたくさんあるので…

使い方をわかっていても限界があって、割れたり、外れてしまったりのトラブルを生じる可能性もありますが

推奨された治療方法を考えながら患者さん毎のお口の状況に合わせた治療を行うことが大切だと思います。

保険診療でやれることに限界はありますが、保険でできる治療でトップレベルを目指してやっていきたいですし

そうすれば、もし自費治療を望まれた際にはもっと良い治療ができるようになるので。

日々ベストを尽くしていけるように、頑張っていきたいと思います。

ア電話ご予約