ブログ

審美歯科未分類治療院長

山口県宇部市の歯科医院「歯科・沖田オフィス」院長の沖田です。

 

お盆休み前はスタッフの体調不良で急なお休みもあり。

他のスタッフが予定していた勤務時間以外も出勤してくれて、なんとか大きな混乱もなくすみましたが。

一部の患者さんには予約日の変更をお願いするなどご迷惑をおかけして申し訳ございませんでしたm(_ _)m

急な出勤をしてくれたスタッフとそのスタッフのご家族、変更して頂いた患者さんには本当に感謝しかありません。

お盆休み明けはスタッフの体調も回復し、通常通りの診療をしておりますのでご安心ください。

 

お盆休みはいかがでしたでしょうか?

台風や大雨の影響で、新幹線が大混乱だったようでその騒動に巻き込まれてしまった方などは

全くゆっくりできなかったかもしれませんが

新型コロナの制限も減って、楽しいお盆休みを過ごせたであろうことを願うばかりです。

 

コンポジットレジンを用いた治療

当院では元々、小さな虫歯などであればコンポジットレジンという材料を用いて当日詰めて治療を終えることが多いです。

そのメリットとして

虫歯を除去した直後のキレイな歯を当日治療することによって汚染が少ない状態で治療を終えられる

虫歯を除去したばかりのキレイな部位なので詰め物が取れにくいこと

コンポジットレジンであれば、基本的には虫歯の部分だけを除去するだけで済むので歯を削る量が少なく神経の保護につながる

などのメリットがあるので、ある程度の大きさの虫歯治療であればコンポジットレジンを用いて治療をしています。

ただし、適応症は基本的には小さめの虫歯であったり、咬む力が強くかかりすぎない部位などにしか選択できない治療になります。

ちなみにコンポジットレジンは保険診療でも可能です。

長持ちさせるためには接着操作が大切になるため、当院では保険診療でもできるだけ気をつけて治療をしていますが

より接着にこだわった壊れにくい治療や保険適応ではない材料を用いた審美性の高いコンポジットレジン治療であるダイレクトボンディング治療もしております。

1例として

虫歯除去後、充填前
保険内診療、コンポジットレジン充填後

このように虫歯を除去した部分をコンポジットレジンと呼ばれる白い詰め物で治療しましたが、型取りをして小さな銀歯を一部入れるインレーと呼ばれる治療をされている方もよく見ます。

当院では、可能であれば金属を使った治療はしたくないので(日本独自の合成金属で、その金属の一部は海外では妊婦さんに対して使用を禁止されている国もあります。)コンポジットレジンを用いて即日で治療しますが

コンポジットレジンが適応できない場合は、即日修復は諦めて型取りをして模型を作成して口の外で修復物を作成し、それを歯に装着します。

汚れがつきにくくて歯の硬さに近くてアレルギーがなくて身体に優しいセラミックや、劣化が少なくて適合の良いゴールドなどの材料がお勧めですが

これらは保険外診療の材料になります。

ただ、適応症や条件などはありますが今は保険診療でも金属以外にレジンと呼ばれるプラスチックのような材料を強化したブロックを用いて治療もできます。

なので、型取りをしても以前ほど金属を使う頻度は減ってはいますが、保険診療を行う上では仕方なく金属を使用するしかないことがあります(・_・;

また、保険診療はやり方や材料などの決まりも多く、型取りをしてからでないと作成できないため時間や日数が必要になるので即日修復はできません。

 

セレックを用いたワンデイトリートメントについて

次は虫歯や大きな詰め物や被せ物に問題があって、コンポジットレジンが適応できない場合で、

型取りをして何かしらの人工材料で補う治療(補綴修復治療)についてです。

即日修復なので、長めの治療時間を頂くか、同日にもう一回来院頂くか(1日に2度来院)のどちらかで、治療当日に修復物をセットしてしまう方法です。

 

セレック:プライムスキャン
セレック:プライムミル
ファーネス:スピードファイア

当院にはセレックと呼ばれる上の写真にある機器があります。

プライムスキャンという口腔内スキャナーで口の中を撮影し、データ化します。

そのデータからパソコン上で歯の形を設計していきます。

設計した歯の形のデータを今度はプライムミルというミリングや加工機と呼ばれる機械に送ります。

送ったデータから、設計した歯の形通りにセラミックなどを削り出していきます。

セラミックは種類によって違いがあり、削り出したものを磨くだけのものから

ファーネスと言われる焼成機で熱を加えてより強度や色調を良くさせるものもあります。

 

今回はこの3つの機械を使用して

再治療が必要となった奥歯に、できるだけ歯を削らずにセラミックス修復を行う治療をしました。

オクルーザルベニアやテーブルトップなどとも呼ばれる方法で、材料の改良が進んだ近年にやられるようになった比較的新しい治療方法です。

従来の被せ物のように歯茎の上に出ている歯を全て削って被せるのではなく、セラミックと歯の接着が良いことを利用して

できるだけ歯を削らず必要な部分だけを除去して薄い被せ物を作成し、歯の形を再現したセラミックをくっつける方法です。

接着操作が大切になりますが、なるべく削らずに可能な範囲で歯を温存した治療になるので

染みやすい歯や、年齢が若くてまだ再治療の可能性があったりする場合にはお勧めです。

〜注意〜

年齢差別ではありません(・_・;ある程度の年齢になると唾液の量が減って歯の根本に虫歯ができやすくなる根面カリエスという状態があります。国も問題として考え、フッ素の利用を認めてくれていますが、根の部分へのフッ素の効果は弱めです。そのため、根面カリエスの可能性を考える場合は、根本の部分を含めた歯茎から上を全て覆う従来型の被せ物を選択した方が良いことがあります。

 

以前されたインレー治療の再治療を即日修復した例

古いセラミック修復が割れて補修された状態
古い詰め物や虫歯を除去し、上部のみ形成した状態
セラミック装着、調整後

 

セレックを用いることで、このような治療を最短1日で、その歯の治療を終えることができます。

今回は力のかかる歯で、セラミックを焼いて強度を上げるための工程があったので長めの診療時間を頂きましたが。

セラミックの作成中などは少しお待ち頂くので、用事などがあれば一度外出して頂いて用事を済ませた後に再度来院して頂くことも可能です。

 

この方はお口のケアのために定期的に来院して頂いておりますが、宇部市外の方(下関市)で治療のために同月に何度も来院して頂くのが難しい患者さんだったので

お休みの日に1日で治療を終えることができて喜んで頂けました( ^ω^ )

 

セレックでの即日修復でのセラミック治療のメリット

来院回数の少なさ

次回来院時までの仮蓋の期間がなくて汚染や感染リスクを減らせる

当日に最終的な被せ物が入るため染みにくい

金属アレルギ〜の心配がない

セラミックは歯の硬さに近く、生体親和性も高いため生体材料として安定している

汚れがつきにくい

審美的にもキレイな白い歯が入る

 

デメリット

歯の条件によっては即日修復ができないことがある(神経の無い歯は根管治療が必要になることがあります)

保険外診療となるので保険診療に比べたら費用がかかる(即日修復、セラミックの使用については保険診療では認められていません)

染みが続く場合がある場合は、知覚過敏の治療などが必要になることがある

セラミックは強い衝撃で割れることがある

(割れて衝撃を逃しているという考え方からするとメリットにもなります。金属は割れない分、自分の歯に負担がかかっていることがあります)

 

当院のセレック治療について

高品質なセラミック修復物を院内で提供

条件(治療後に当院が必要と考える期間で定期的な通院をして頂ける方など)はありますが医院独自の保証制度も設けております。

ただし、よりこだわる場合や複雑な治療が必要な場合は。歯科技工所にお願いすることをお勧めすることがあります。

また、即日修復をご希望されない場合は、口腔内スキャナーで型取りをしてセラミックなどの修復物を作製し

次回来院時に装着させて頂く流れになります。

 

気になる費用は

即日修復の希望の有無、色調再現の有無、治療範囲や方法で変わりますが

2023年8月時点で

通常のコンポジットレジン修復:保険診療

自費でのダイレクトボンディング:33,000〜55,000(税込)

セレックインレー(小さめのセラミック修復物)44,000〜66,000(税込)

セレックアンレー、ベニア、クラウン(大きめのセラミック修復物)77,000〜110,000(税込)

となっております。

歯科業界も材料費の高騰が続いており、価格の変更をせざるを得ない場合もありますので

気になった場合はお気軽にお問合せやご相談ください

 

セレックの機器だけでも、当院が導入した後に2回くらい値上げがあり、購入時より価格がかなり上がっております(・_・;)

幸いにも購入価格が上がる前に購入できましたが、使用するセラミックなどの材料もメーカーさんがこの夏に値上げをされたり

それ以外の使用する材料や消耗品なども価格が上がり続けています。

今のところは当院では価格は据え置きでやっておりますが、材料コストの上昇次第で価格の見直しをせざるを得ないことをご了承ください。

 

スタッフ募集について

現在、当院ではスタッフを募集しております。

歯科衛生士さん、歯科助手兼受付さん(歯科技工士免許、管理栄養士免許のある方は資格手当あり)

特に歯科衛生士さんは産休・育休中でお休み中のスタッフがおり人手が不足しております。

社会保険完備や、週休2日制に有給休暇の取得のしやすさなどは当たり前だと思いますが

当院ではそれ以外の福利厚生や、仕事の効率化のための自動洗浄機、複数の滅菌器など設備面も充実化をしています。

また、今回のセレックを用いた治療だと、従来の印象材の使用や石膏模型の製作などの作業も大幅に減らすことが可能です。

今後の歯科医院ではさらにデジタル化などが進んできて、デジタル機器で雑務を減らすことも可能だと考えており、そのための勉強や設備導入にも力を入れています。

 

経験者でも歯科医院ごとで道具や機材、システムなどが違いますし、まして初めて歯科医院で働く方はわからないことだらけです。

新しい環境に慣れる時間も必要ですし、設備や道具の違いなどへの慣れも時間が必要と思っているので

焦らず、できることを少しづつ増やしながら慣れて頂けるようにと思っていますので。

経験の有無や新しい機械などに不安があってもご安心ください。

当院での仕事にご興味がある方は、見学だけでも構いませんのでお気軽にご連絡ください( ^∀^)

ア電話ご予約