お知らせ

また1つ…

GWはどうお過ごしでしたか?

行動制限解除のお休みで、ニュースでは各地で賑わいがあったようですね。

お仕事の方、家でゆっくりされた方、お出かけされた方

様々かと思いますが、良い日を過ごされたことを願っております。

 

そういう自分は…ひたすら家でのんびりしてました(^◇^;)

そして、また1つ歳を重ねて…さらにおじさんに(−_−;)

自分の年齢にもびっくりですが、小さい頃に思っていた今の年齢くらいでこうなってというのには程遠い状態です。

これから挽回して良い年を重ねていきたいものです( ´∀`)

 

一応、行動制限がない状態なので

また1つおじさんになって身体は若干しんどいですが、出張オペに行ってきました(⌒-⌒; )

もちろん感染に気をつけながら行ってきましたが。

普段は医院への行き帰りくらいで、コロナ感染者の増減による人混みの増減などは気になることはないですし

ニュースの中での人混みも、観光地や大都会はそうなんだってくらいで実感することはなかったのですが

出先で平日なのに駅には人が多いですし、コロナ前にだいぶ戻ったような感じでしたね^^;

 

ちなみに、オペはインプラントの抜歯即時埋入と言われる手術をしてきました。

これは、歯を抜くのと同時にインプラントを埋入してしまうオペです。

確実なのは、抜く必要がある歯を抜いて、骨が治るまでしばらく(数ヶ月)待ってからインプラントをすることなのですが

手術回数の増加、治療期間の延長などで患者さんの負担やインプラントの上に被せ物の歯が入るのが遅くなってしまいます。

なので、条件次第ではありますが、可能であれば抜歯と同時にインプラントを埋入する抜歯即時埋入オペを選択することによって

手術回数を減らし、インプラントの上に被せ物が入る時間を短くすることができます。

 

ただ、これは抜く歯の条件、骨の状態によってできるかできないかもありますし

インプラントより抜いた歯の穴の方が大きいことから、その隙間に対する処置や歯があった部位なので歯茎も足りない状態をどうするか

歯を抜いて骨もないので、インプラントの位置や深さの設定が難しい

などなど

患者さん側のメリットは大きくても、オペをする術者側はかなり複雑なことをやらなければなりません(・_・;

これが自院だと何度か話をしたり、実際のお口の中の状態を見たりレントゲンやCTをチェックしたりできているのですが

出張オペだと、事前に頂くCTと口腔内の写真くらいしか情報がないので

初めてお会いして話をする患者さんに複雑なオペをするのもかなりのプレッシャーを感じてしまいます。

もちろん術前にインプラントが絶対できるとは言えず、術中に難しいと判断したら歯を抜いて骨の温存だけを考えるオペにすることを説明してもらっています。

患者さんのオペに対しては、やはり安全第一で考えないといけないと思っているので

メリット、デメリットを考えて術中どうしたら良いか、柔軟に考えて行くことが大切だと考えています。

 

今回は大丈夫と判断して、問題なくオペを終わらすことができたので一安心でしたが

出張先で、慣れない環境でのオペは緊張しますが、毎回良い経験をさせて頂いています(^ ^)

 

新型コロナのこともありますが

タイミングで問題がなければ、感染対策に気をつけながら

当院の診療に問題がない中で、遠くの患者さんのお力にもなれるように頑張っていきたいと思います。

5月突入

GWはいかがお過ごしでしょうか?

雨が降ったり、少し肌寒い時間もありますが

天気が良い時間もあって、楽しく過ごされていることを願っております。

ニュースでは地震や事故などの報道もありますので

気をつけてお過ごしください。

 

せっかくの連休で、新型コロナの話題も少しづつ減っているような感じですが

仕事柄、感染などを気にして外出しずらい気持ちで

ゆっくりのんびり過ごすお休みになりそうです(^◇^;)

これが勉強会やセミナーなら、不要ではなく必要なことなので外出したりすることもあるのですが

プライベートでの外出は…という気持ちになりますね。

読めずに溜まった本や繰り返し視聴できるウェブセミナーなどをみて過ごしたいと思います( ^ω^ )

 

最近、子供や若い方でも歯垢がかなりついていて虫歯が多数できている方をみます。

虫歯はある程度防ぐことができます。

まずは丁寧なブラッシングで汚れを落とし、歯の表面を強化するフッ素入りの歯磨きなどを利用して虫歯になりにくくする

そういったことが大切ですが

間食などの時間や回数、摂取する飲食物の種類などにも注意が必要です。

元々、飲食物の中に含まれる糖類や炭水化物をとって細菌が酸を出して歯を溶かしています(脱灰と言われます)。

それが唾液の力で中和されて、溶けた表面を元に戻す再石灰化という現象をおこします。

このバランスで歯が健康に保たれていますが、そのバランスが崩れて歯が溶ける脱灰が進むと虫歯として歯に穴があきます(・_・;

そうならないように細菌を減らすように歯ブラシで歯垢を除去

歯が解けにくいように歯の表面をフッ素で強化する

そして、歯の溶ける時間を短くするのに飲食物の種類や回数などに注意が必要になります。

(飲食物の種類でも注意が必要で、酸性のものはそれだけで歯が溶けやすい状態になります)

いくら虫歯を治療しても、そういった生活習慣を見直さないと治療を繰り返すばかりで歯がどんどん減ってしまって意味がありません。

お子さんや若い方は、ご両親含めてまずはそういったところをしっかり理解して頂いて

これから長い人生をいつまでもおいしく食べられて、健康に生活できるようにして頂けたらかと思います。

あくまで我々医療従事者は皆さんの健康維持や増進のお手伝いしかできませんので

自分自身の問題と思って、わからないことは聞いて頂いたりしてお口の健康を保てる習慣を身につけて頂けたらかと思います。

 

当院は暦通りに診療とさせて頂いております。

昨日の2日は通常診療をしておりましたが、3日から5日までは休診となります。

何かありましたら6日から診療しますのでご相談ください。

歯科・沖田オフィス 〒755-0011  宇部市昭和町1-4-5
ご予約・お問い合わせは0836-39-8810
Copyright (C) 2014 OKITA DENTAL OFFICE All Rights Reserved.