お知らせ

2月

早いもので2月です。

節分の年の数だけ豆を食べる…

豆を食べただけでお腹一杯になってしまうと年齢を感じてしまいます( ̄◇ ̄;)

開業した時と気持ちは変わらない(むしろまだ学生気分??)のですが

確実に体は年齢を重ねて無理が効かなくなり、疲れも取れなくなってきました(ToT)

 

コロナ以前のような毎週のように県外に勉強にいく機会が減ってしまいましたが

今年も可能な限り積極的に勉強に行って頑張ろうと思っています。

ただ、無理をしすぎないように(通院頂く皆さんにご迷惑をおかけしたら本末転倒なので)

体調と相談しながら、自分自身をレベルアップしたいと思っています。

 

お口がポカーンと開いたお子さんが増えてますが

大人は噛み締め食いしばりが増えています。

先日、ニュースでもやっていましたが顎の痛みや口が開かないという理由で整体?などにいかれている方が増えていると(゚ω゚)

これは顎関節症と言われるもので、筋肉に症状が出たり、顎関節に症状が出たりと様々ありますが。

主な原因に歯軋り食いしばりがあります。

 

夜間の寝ている時の歯軋り、食いしばりはストレスと関連して増えると言われております。

また、日中に歯を当ててしまっている方(楽に唇を閉じてもらって歯が当たっている方は要注意です!!)も増えていると言われています。

奥歯が当たると口を閉じる筋肉が働いてしまいます。

なので、奥歯を当てていればいるほど筋肉を使っているので筋肉疲労を起こしたり、いわゆる筋肉痛の状態になります。

この筋肉の痛みで口が開かない、顎が痛い、こめかみあたり(側頭筋という筋肉)が痛いなどの症状が出ますし

筋肉の力で顎の関節に負担がかかると、カクカク音がしたり口が開けづらい症状や顎関節の痛みなども出たりします。

(顎関節症とは関係ないですが、その筋肉の力で歯がすり減ったり割れてしまったり、力がかかって歯周病が悪化することもあるのでご注意ください)

もちろん、かみ合わせが悪かったり、歯がないなどで片方でしかお食事できないなどでも、片側ばかりに負担がかかって顎関節症になったりもあります。

 

どうしたら良いのか??

一番は歯を当てないように意識してもらう事が大切です( ^ω^ )

歯を当てていたら歯を離す!!を意識してください(歯と歯は1日15分〜20分程度しか当たっていないのが普通とされています)

どうしても歯を当ててしまう、寝ている時に無意識に噛み締めや歯軋りをしてしまう場合は

ナイトガードとも呼ばれたりするマウスピースの使用やボツリヌストキシン製剤の注射などで改善することもありますし

どうしても痛みが取れない場合は大学病院などと連携して関節腔内の洗浄などをお願いすることもあります。

そして、歯や歯周組織に問題があって片側ばかりで食事をしてしまう場合はしっかり両側で噛めるようにしたり

歯並びの問題で前歯が当たっていない方などは奥歯に負担がかかりやすく、奥歯の負担=筋肉や顎関節への負担になったりもするので

矯正や被せ物なども含めたかみ合わせの治療などを考えて頂く必要が出ることもあります。

 

コロナでのマスク生活で、ついついマスクの下で歯を噛み締めている方

コロナのストレスで睡眠時の食いしばりや歯軋りが増えた方

ご注意ください!!

 

整体などでは筋肉や関節に対してマッサージなどでほぐしたり整えたりと症状の改善をしてもらえるかもしれませんが

歯の治療は我々歯科医師だけしかできない治療ですし、他にも歯医者にしかできない診断や治療法も多々ありますので

気になる症状があるときは歯医者さんにもご相談ください!!

ワクチン注射

3度目のワクチン接種をしてきました。

急に日にちを決めないといけないし、会場も限られるのでタイミングが難しいのですが…。

1回目、2回目は県庁でしたが、今回は有難いことに宇部市内で摂取できました( ´ ▽ ` )

 

1回目は体調不良気味だった時に摂取したせいか、扁桃腺まで腫れてかなりしんどい日々を過ごしました(T . T)

2回目は、腕は上がらないけど特に体調に支障もなくほぼほぼ問題なしでした

今回の3回目はどうなのか…

やや風邪気味かも?って感じで少しボーッとしますが、今のところは問題なく経過しております(^◇^;)

 

歯科では筋肉注射をすることはほとんどないのですが

あるとしたら噛み締めや食いしばりの力から歯周組織や顎関節組織を守るために使用するボツリヌストキシン製剤の注射くらいで

自分でも何度もボツリヌストキシン製剤の注射を受ける方の経験をしていて、術中術後にそこまでの痛みを感じることもないのですが。

この新型コロナのワクチン接種は腕が上がらなくなるのが困りますね(・_・;

 

しかし、注射ってするのもされるのもやはり苦手で(-。-;

歯科医師なので、診療日であれば毎日のように麻酔注射をしています。

先日、当院のインスタグラムにも麻酔注射について投稿をしておりますが。

一時期使用していた電動麻酔注射器が壊れてしまい、しばらく手打ちになっていました…。

麻酔というのはゆっくり注入した方が注入圧が少なくて痛みが少なくなるのですが

手でやるとどうしても早くなりがちで痛みを感じやすくなってしまい、皆さんにご迷惑をおかけするので

また新しい電動麻酔器を導入して、使用しております( ´ ▽ ` )

IMG_0054

それに加えて、針のない麻酔器である「シリジェット」というものを導入して

それだけでもある程度の麻酔効果があるので、表面麻酔という表面の粘膜を少し痺れさせる薬をつけた後に必要に応じてこのシリジェットを使用し

針を使った麻酔注射をする前に痛みをできるだけ取り除くような工夫も始めております。

IMG_0056

これは今年になってから開始しております(・_・;

今後も新しい機材や薬、それに工夫を加えて診療に取り入れていきたいと思っています。

 

個人的には実際に手で麻酔する方が様々な感触が伝わってきて良い面もあるのですが

どうしても機械のような一定のスピードが難しく、痛みが出やすいので…

痛みを少しでも減らせるなら、やっぱり機械を使用した方が良いかなと思います。

以前の麻酔で痛い思いをさせてしまったみなさんには申し訳ないですが

今後麻酔する際は以前より痛みを減らせるようになっているかと思います(^◇^;)

日々少しでも医院として進歩や改善を目指してまいります。

早いもので

年が明けたと思ったら、もう1月も半ばになってきました。

宇部でも気温が下がってかなり寒い日があったりして、体調を崩される方も増えている気がします。

それに加えてオミクロン株によるものか、県内の感染者の増加

今度は日本の各地に津波警報や注意報など

新年早々から心配事が多い状況ですが

早く落ち着いて欲しいですね(・_・;

 

年末はお休みもあって外科処置はしにくいこともあり、新年から続けていくつかオペがあったのですが

その中でも、歯周病によってなくなってしまった骨などを再生する再生療法と言われるオペが数例ありました。

無くなった骨を再生させるのは難しいのですが、歯を残したい、腫れて膿が出るのをなんとかしたい、などのご希望があれば可能な範囲でオペをすることがあります。

これは保険外でされることもありますが

現在では、使える材料などは限られますが、保険治療でやる歯周外科治療によっても可能になっています。

リグロスと言われる、日本で初めて開発された再生療法に用いるクスリを使うことが多いですが

実際に大切なのはどれだけ歯の根の表面についた歯石や汚れをキレイにできるか、骨がなくなってそこに入ってきた痛んだ歯茎をどれだけしっかりキレイにできるか

外科の基本である、原因除去が大切になります。

ここで、当院で使用している高倍率の拡大鏡やマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)が役立って

できるだけ拡大して治療することによって、小さく歯茎を切ってオペができますし

取り残しがないように、しっかり見てキレイにできます(°_°)

最後にする縫合も、拡大することによってかなり細い糸を使って縫合することも可能で傷が早くキレイに治ります。

 

そして、再生に使うリグロスというクスリ

やや腫れたような感じが出るとか言われることがあり、使い方が難しいのですが

使い方によってはすごく効果が出たりもします( ^ω^ )

 

このように、拡大することによって治療の結果が良くなったりもしますし

新しいクスリをできるだけ効果的に使うことによって、歯を残すことも可能になってきています。

 

ただ、歯茎の状態、骨の残り方や歯の状況などで再生療法の適応外のこともあります。

実際に診察をして診断してみないと適応かどうかわかりかねますので

気になる場合は、まずはご相談ください!!

 

技術の研鑽と新しい材料や器具などの情報について

今年もしっかりアップデートさせていき、皆さんにより良い歯科医療を提供できるように頑張ってまいります(^^)

いよいよ

今年の残りの診療日も1週間を切りました(^_^;)

月日が経つのが本当に早いですが、2021年を最後まで頑張って過ごしたいと思います。

寒さも少し落ち着きましたが、また週末から週明けにかけて気温が一気に下がるようです。

寒さ対策をして、風邪などを引かれないようにお気をつけください!!

手洗い、うがいは感染予防の基本でもあるので、手指もお口の中も綺麗にして清潔に保ちましょう(^ ^)

 

少し落ち着いていた新型コロナもまた心配な感じになってきましたね(−_−;)

落ち着いている間に、歯科の世界でもウェブセミナーだけでなく、リアル開催のセミナーや講演会なども増えてきましたが

また今後どうなるのか心配な感じです。

その時その時の状況で判断しながら、残り少ない今年と来年も学びを続けていきたいと思います。

 

そんななかなか良い話の少ない歯科業界ですが

歯科業界の二刀流??GReeeeNさんのニューアルバムが発売されました

歯科業界と違って長く続けること自体が大変な音楽業界で10年以上のご活躍

映画やドラマなどの曲提供なども多く、本当にすごいなと思います。

世界は違えど、歯科の世界で長く地域医療に貢献できるよう自分も頑張っていきたいと思います。

 

3057FB05-25CE-4CB7-BD13-C4DA3A4810C49696D5BF-112F-4B31-8E2E-D5C14A146823

 

だいぶ前の治療ですが

歯の形や位置が悪くて前から2番目の歯が見えていない状態

根尖病変と言われる根っこ先に大きな病変もあって大学病院では抜歯も検討されてましたが、当院で根管治療と言われる歯の根っこの中の治療をして

セラミックの被せ物(セラミッククラウン)を装着させて頂きました。

治療期間に制限があってかなり急ぎで治療を行ったのですが、結果にはご満足頂けました( ^ω^ )

厳しい目で見たらもっと色や形など煮詰めたいところでしたが(⌒-⌒; )

時間に制限のある中で歯科技工士さんと相談しながら頑張った懐かしい思い出です。

 

当院ではしっかりした基本治療を行い、可能なら審美的にも改善できるような治療を行なっております。

治療は丁寧で確実性が大切だと考えて、予約時間をしっかり確保して患者さん一人一人に診療を行なっております。

当日の予約の変更やキャンセルなどは困りますし、その時間に予約を取れなかった他の患者さんにもご迷惑をかけるのでできるだけご遠慮頂ける様お願い致します(^_^;)

 

当院の年内の診療は29日水曜日までで、29日は通常より早い時間で診療を終える予定です。

2022年の診療開始は1月4日からですが。翌1月5日水曜日は休診日となります。

何かお困りごとがありましたら早めにご連絡、ご相談ください!!

いつの間にか

宇部市でも寒くなってきましたね(・_・;

今週の土曜日がかなり冷えそうな感じですが

風邪をひかないよう、暖かくしてお過ごしください!!

事故なども増えているのか、パトカーや消防車、救急車などがサイレンを鳴らして走る姿を見かけたり音がしたり

寒くなると道路も心配になりますし、事故や気温変化による身体への負担などにもお気をつけください!!

 

ネット時代

パスワードはつきものですが

先日、このブログを書こうと思ったらログインできず(゚o゚;;

原因がわからず、しばらく色々と試しておりましたが

会社さんにお聞きすると、パスワードを変更したからメールで送っていますと(^◇^;)

こちらがお願いしたわけでもなく、何年経ったからとかでもなく勝手に変更されており

毎日くる様々なメールに埋もれて全く気付いておらず

ネット時代でセキュリティは大切とはいえ、こちらが変更することなく勝手に変わっているとびっくりしますね^^;

 

ネットやデジタル化の波は歯科にもきておりますが

我々の治療はまだまだアナログが多いです。

実際に歯医者さんが手を動かして治療や処置が必要なことはまだまだ続きますが

インプラント治療で、CTなどの画像でデジタルで診断して、シミュレーションソフトで計画を立てその通りにオペを行うガイドシステムだったり

マウスピース矯正やアライナー矯正と言われる、AIを活用してどのように歯を動かすかシミュレーションして作成されたマウスピースを交換しながら使用して矯正治療を行う

もっと前からだと、歯の被せ物なんかもデジタルでパソコンソフト上で設計して作成したり

どんどん新しいものが出てきますが

それをどう使うのか、まだまだ人間の脳と手作業は必要です。

苦手な世界ですが、頑張ってついて行かねばですね(^◇^;)

 

こういった治療はまだまだアナログで

以前の治療で神経を除去されて根の治療をされた後に金属の土台と被せ物をされていたが歯が虫歯となっており

外したら歯茎の下まで歯がない状態…

患者さんの希望で残すことを選択して、挺出と言われる歯を引っ張り出す治療をしました。

引っ張り出した後は、後戻りを防ぐ意味で簡単な外科処置も必要になります。

IMG_6910phonto 2SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

無事に歯を引き上げて冠が入っております。

この挺出という治療は残念ながら保険診療で認められておらず保険適応外となり、難易度に応じて¥20,000〜にゴムの交換費用などがかかってきます。

根の長さや歯の状態などに左右されて皆さんにできる治療ではありませんが

もしなんとかして歯を保存したいという場合は、まずは検査などをさせて適応か判断させて頂きますのでご相談ください。

 

今週末、18日土曜日は午前中のみの診療となります。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。

12月も半ばになりました。

年末年始に美味しいものが安心して食べられるように、お口のことで何かありましたら早めにご相談ください!!

歯科・沖田オフィス 〒755-0011  宇部市昭和町1-4-5
ご予約・お問い合わせは0836-39-8810
Copyright (C) 2014 OKITA DENTAL OFFICE All Rights Reserved.