お知らせ

長期コース

日中の室内は暖かいというか暑いというか…

今日は北海道がまさかの暑さで、この夏はどうなるのか心配です(・_・;

そういえば、宇部市内の病院勤務の方がこの寒暖差で最近風邪が流行っていると言われていました。

今年は長いGWで医療機関も休診が多いですし、体調には十分にお気をつけください

 

4月になって、歯科界の勉強会や研修会も活発になってきました。

例年なら1〜3月は少しのんびりして4月から研修会や学会などが本格的に始動するのですが。

今年はちょこちょこと気になる研修会に出たり、有難いことに出張オペを3件頂いたりで1〜3月が思ったよりハードでした(^^;;

そして、4月は先日の研修会に続いて、2012年から参加し続けている小濵先生のコースにオブザーバー参加

そして今週末から久しぶりに新しい長期コースに参加します。

今回は月1で土日の朝から夕方までの8ヶ月間コース(°_°)

開業前には長期コースにいくつか参加していましたが、開業後はなかなか長期での参加は難しくて単発か月1で3ヶ月くらいのコースか以前参加した長期コースのオブザーバー参加くらいでした。

決して余裕が出た訳ではないのですが、開業して4年経ち現状に甘えることなくさらに精進するため少し無理して参加を決めました。

土曜日に受診して頂いている皆さんにはご迷惑をおかけしますが、より良い歯科診療を行えるようになるためとご理解頂けると幸いです。

出会いと別れ

金曜、土曜と続けて休診でご迷惑をおかけしました(・_・;

宇部市内も暖かい日が多く、桜も見頃でしょうか

フェイスブックやインスタグラムで投稿しましたが、ドイツのDr Marius Steigmannが昨年に続いて来日され、昨年とは別の内容の講義と実習を受けてきました。

日中は室内で講義か豚顎を切っていたので、残念ながら街中の夜桜しか見ることができませんでしたが

やはり日本人なのか、桜を見ると春を感じてウキウキします(^ ^)

IMG_0615

 

3月が終わって4月になり、新学期、新年度で移動も多い時期です。

当院でも最近通院頂いた患者さんが、転勤などで宇部に来られていた方で。

4月から異動先に戻られる予定だから3月中にできるところまで診療をして欲しいと言われたり。

4月に進学すると通いにくいから、その前に治療をして欲しいと言われたり。

限りのある日数と時間の中でできることをさせて頂きましたが、他に心配な部分も残っていたりで異動先での治療も必要になったりもします

もしみなさんもそう言った状況でお困りの際は、勉強会で知り合ったりお世話になった先生方が全国におられるので。

当院からそこをご紹介させていただくことも可能かもしれないので、何かあればご相談頂けたらと思います。

もちろん、人間なので合う合わないなどはあるとは思いますが(^^;;

しかし、短い期間でも診療中に色々お話をさせて頂いたりしていて、いざこれで来院出来なくなるのかと思うと寂しい限りです(>_<)

中には最後の日に地元のお菓子をスタッフみなさんでと持って来て頂いた方もいて…本当に嬉しいというか有難いというか(T ^ T)

またいつか何かの機会に宇部に来られた理、戻られた際は遊びにでも来て欲しいですね。

 

あと、当院が開業してから良く通院されていた患者さんの訃報をお聞きして…

お元気な頃、ご病気で痩せて通院が大変なとき、どんな時もいつもの口調で来院されていたのを思い出してしまい、

もう二度とお話したりお口の中を拝見させて頂くことができないのが信じられないし、凄く悲しいです。

体調を崩してから出歩くのも大変だと聞いていたので天国でお好きだった山登りをして欲しいです。

ご冥福をお祈りいたします。

いよいよ四月

3月後半くらいからクシャミが多かったり目がかゆくて…

いよいよ本格的な花粉症でしょうか(・_・;

宇部市も日に日に春が近付いてきていると思えば、また少し肌寒くなったり

気温の寒暖差があるので、まだまだ体調管理にはお気を付けください!!

 

こんな時期にあまりしたくないのが、今月2度出張オペで行った一般的にサイナスリフト(上顎洞底挙上術)といわれるオペです(^^;;

上の奥歯の骨がなくて普通にはインプラントなどができない場合に、インプラントなどができるように骨を作る手術です。

簡単に言えば、上顎洞と言われる鼻の横あたりに存在する空洞に骨を作るだけなんですが。

生卵の殻の内側にある薄い膜くらいの粘膜を剥がした空間に骨を作るようにするので、決して簡単な手術ではなく…。

論文では口腔外科の凄く経験のある先生でも、結構な確率で粘膜に穴が開いてしまう可能性のある繊細な手術です(~_~;)

その手術自体が上手くいっても、その後に強く鼻をかんだりすると粘膜に力がかかって上手く骨ができなかったり、穴が開いてしまったり

花粉症の方で、鼻水が出て止まらない時期などはなんとなく避けたいオペです(・_・;

ただ、奥歯がなくてしっかり咬めないのであれば、噛めるようにする為にも早く骨を作ってインプラントが出来るようにしないといけないので

花粉症の時期が去るのを待ってばかりもいられないのでオペをするのですが(^^;;

 

自院であれば経過を診て、何かあればすぐ自分で対応できるのですが、出張オペ先で何かあってもすぐには駆け付けられません

そういった意味でも、出張オペ先では安全で術後に出来るだけ問題なく終われるようにというプレッシャーもあり胃が痛くなることもありますが。

そのプレッシャーも自分の成長につながると信じて、依頼を頂く先生方の信用ともちろん患者さんの要望に応えられるように研鑽を積んで行きたいと思います。

 

4月5日金曜日と6日土曜日は研修のため休診となります。(代わりに3日水曜日は診療になります!!)

昨年も開催されたドイツから日本にわざわざ来られる講師の先生から、3日間びっちりと実習と講義を通して外科や被せ物について学んでくる予定です。

ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

4月になるといよいよ平成の終わりが近付いてくる感じがしますね(・_・;

3月

久々のブログになりました(^^;;

宇部市も少しずつ春らしくなってきていますね

ただ、日によって寒暖差があるようでインフルエンザや風邪も流行っているようです。

花粉の飛散も増えていそうですし、体調管理にはまだまだお気をつけください。

 

2月後半〜3月前半は色々と忙しく

前回のブログに記載した、福岡でのOB会での発表、広島での出張オペ

その後は東京でのセミナー予定でしたが、諸事情で突然受講できなくなり…

ただ、荷物を送っていたり、今更飛行機のキャンセルもできため東京へは行くことに( ;∀;)

その後は平日の診療後に下関の勉強会に参加と、咬み締めや歯ぎしりなどの力で歯や顎の関節を壊さないために行うボトックス治療の実習と勉強会で札幌

その週末は福岡での学会に参加し、翌週はいびきや睡眠時無呼吸症候群の治療として作成する口腔内装置のセミナー

そして、今日の休診日は下関での出張オペで、上の奥歯のインプラント治療前に上顎洞という場所に骨を造成するサイナスリフトという手術を行ってきました。

(ちなみに、希望があればボトックス治療やいびき・睡眠時無呼吸症候群の装置については今後対応できるように準備中です)

 

振り返ってみて、書いてるだけでだいぶ動き回っていたという感じが(・_・;

その間にちょっとしたトラブルもあって…精神的なストレスもかなりありました。

そのトラブルのおかげで、来院して頂いている患者さんはもちろん出張オペでも縁あって治療をさせて頂いた患者さん

人手が足りない中で当院の診療を支えてくれるスタッフに、業者さん、技工所さん、税理士さんや社労士さんなどなど当院の為に親身に力を貸してくれる周りの皆さん

改めて、そのような周りの方々の有り難みを感じました(T . T)

 

先月から人手が減って、予約が取りにくい時間が増えたり診療前後でお待たせしたり、電話対応や会計業務でお待ち頂いたり…

説明やゆっくり世間話などもできたらと思いつつ(皆さんが話したいと思ってなかったらすいません笑)、なかなか時間がなかったり

多々ご迷惑をおかけしていること、本当に申し訳なく思っております。

人手不足が叫ばれる中、歯科業界はその中でもかなり大変な状況になっています。

出来るだけ早く人手を増やして対応ができるようにしたいと思っていますので、今しばらくお待ちください。

今年初の発表と出張オペ

ブログ、少し期間が空いてしまいました(・_・;

 

宇部市も少し気温が上がってきましたね(^ ^)

いよいよ春の訪れでしょうか??

春が近付いてくると、なんとなく明るい気持ちになってウキウキしますね♪( ´▽`)

 

まだ少し寒かった週末、福岡で今年初の症例発表をしてきました。

奥歯が悪くなってきて、このままだと全体的な崩壊につながる患者さんに対して咬み合わせを変えながら全体を立て直すことを目指しての治療

残すのが難しいかも知れない歯でも、まずは保存すべく根の治療をして改善させたり

講師の先生方、参加者の先生方からも良い評価を頂いて一安心でした( ✌︎’ω’)✌︎

 

そして、今年初の広島での出張オペ

インプラントの埋入と同時に、治ってない骨や周囲の減ってしまった骨に対して簡単な骨造成を同時に行いました。

オペ用に器具は持参していきますが、当院の使用インプラントと違ったり、医院のシステムが違ったりで難しい面もあります。

一番難しいのは、初めてお会いする患者さんに対していきなりオペをすること、事前の情報だけではわからない骨や歯肉の状況など

多少の予想外のことにも対応しないといけないので大変ですが、自分自身の成長にも繋がっています。

信頼してオペに呼んで頂いている先生の期待に結果を出さないといけないプレッシャーもありますが。

依頼を頂けることに感謝して、今後も呼んで頂ける時は頑張っていきたいと思っています。

 

現在、当院で一緒に働いてくれる歯科衛生士さんを募集しております。

詳しい内容、見学希望などご興味があればお気軽にお問い合わせ下さい(^ ^)

矯正の経過

 

 

 

 

宇部市内も少し暖かい日が増えてきましたね

また寒くなるのかもしれませんが、春が少しずつ近付いてきている感じがします(^ ^)

ただ、市内はインフルエンザや風邪が流行っていて大変なようですし

花粉も飛んでいるようで、目、鼻、喉に症状が出ている方も増えているようです。

注意していても防ぐのは難しいですが、しっかり鼻呼吸して体調を整えて下さい。

 

IMG_4035IMG_4339IMG_4113IMG_4359

 

スタッフの矯正途中の写真です。

わかりにくいかもしれませんが、約3ヶ月でだいぶ前歯の重なりが改善してきています(o^^o)

あと2ヶ月くらい矯正期間が残っていますが、マウスピースを交換するだけなので日常生活への影響も少ないようです。

装置を外せば食事は取りやすいし、歯も磨きやすいです。

従来の矯正に比べてメリットもありますが、もちろん適応もございます。

興味のある方はお気軽にご相談ください。

 

現在、当院では歯科衛生士さんを募集しております。

まだまだ発展途上の医院ではありますが。

個人の歯科医院には珍しい社会保険で、できるだけスタッフの働きやすい環境を整えられるように考えています。

ご興味がある方は「歯科・沖田オフィス」0836−39−8810までお気軽にお問い合わせ下さい。

1月も後半へ

宇部市内も朝晩が冷え、天候が良いせいか乾燥気味な感じがしますね。

乾燥でノドがイガイガして声が出にくかったり、咳がでたり。なんとなくしっくりこない日々です(・_・;

 

最近、体調不良、風邪、インフルエンザといったキャンセルのお電話が多いです。

みなさん、食事や睡眠をしっかり摂って体調管理に気をつけるのと感染しないように対策をされて下さい。

受験生のみなさん、大変な時期だと思いますが体調管理をしっかりして夢に向かって頑張って下さい!

ちなみに、振り返ると自分が受験生だった時は幸いにも風邪やインフルエンザにはならなかったような気がします。

特に歯科医師となるための国家試験前は、食事をしっかり摂り体調管理に気をつけることだけはしていました。

そのせいで体重はだいぶ増えて、今もそのままかそれ以上ですが(笑)

 

体調不良や風邪などで免疫力が落ちると細菌やウィルスに対する抵抗力が落ちてしまいます。

そうすると、身体が細菌やウィルスを抑えきれなくなり、腫れたり痛みが出たりなどの急性症状が出てきます。

特に多いのが、横に向いた下の親知らず

横に向いていると磨けないし、汚れなども残りやすいので周りに細菌が増えて弱い炎症で骨を溶かしてしまいます。

そうなると、さらに周りに細菌が増える場所ができて、身体が抑えきれなくなると腫れて痛みが出たり、周りの筋肉に炎症を起こして口が開かなくなったりすることも。

親知らずの抜歯が大変なのは横を向いていたら手前の歯が邪魔するので普通に抜けないこと、根の先に近い部に神経や血管が走っていること

また、他にも舌側の骨が薄くて折れやすいとか、舌にいく神経を触る可能性、腫れや痛みが出やすいなどなど

様々な要因があって、抜くのは歯医者も患者さんも抜くのが大変という感じです(^^;;

ただ、親知らずがまっすぐ生えていてきちんと磨けるようだったら良いのですが、そうでなければ上記のように周りの骨が溶けたり手前の歯まで悪くなったり

それを避けるためにも、当院では状態が悪い親知らずはできるだけ早く抜歯することをオススメしております。

どうしても抜歯したくない、できない方は定期的な清掃などでできるだけ周囲の汚れや細菌などを減らして悪くならないようにすることが大切です。

レントゲンを撮らないとわからないこともあるので、気になる際はお気軽にご相談ください。

 

当院では歯科衛生士さんを募集しております。

ご興味がある方、詳しい内容が知りたい方、まずは見学したい方、などなど何かあればお気軽にお問い合わせください(^ ^)

1月10日の午前診療に関してのお知らせ

宇部市内も最近は天候も良く、一時の寒さも落ち着いて来たような…

ほとんど室内にいるせいかもしれませんが(笑)

ただ、インフルエンザや体調不良でキャンセルの連絡を頂くことも多くなっているので

感染対策に体調管理などできる範囲でお気をつけ下さい。

 

10日(木曜日)お昼の12時から、歯科のメーカーさんによる小児用矯正器具の院内研修というか説明というかを行う予定です。

少し早めに午前中の診療を終了させるためご迷惑をおかけしますが、ご理解の程何卒宜しくお願い申し上げます。

昨年受講したプレオルソというシステムですが、歯並びを悪くするのは唇を噛んだり、舌を噛んだり歯に押し付けたり、口の周りの筋肉が弱くて口呼吸をしていたり

舌の筋肉が弱くて舌の位置が悪くなったり…様々な要因(癖)が複雑に絡んだ結果として現れます。

そういった悪い癖を改善させていかないと、いくら矯正治療をしても後戻りをしてしまったりするので注意が必要です。

ちなみにこれは大人の矯正治療の後戻りにも通じるものです。

そういった、悪い力を排除したり正しい舌の位置を覚えてもらったり、口の周りの筋肉を鍛えたりするためにプレオルソが用いられます。

診療時間を減らす分、スタッフで知識を共有して皆さんの治療に役立てられるような有意義な時間にしたいと思っております。

 

現在、当院では歯科衛生士さんを募集しております。

詳しい内容はお問い合わせ頂いても構いませんし、どのような医院なのか不安な場合は見学なども随時受け付けております。

ご興味がある方、一緒に働いてみたいと思って頂けた方はお気軽に0836−39−8810までお電話下さい(^ ^)

#宇部市 #歯科医院 #歯科沖田オフィス #歯科衛生士 #歯科衛生士募集中

2019年

年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか。

宇部市は天気も良く、初詣や初売りなど楽しまれたでしょうか。

熊本で地震があったりと、年始から心配なこともありますが。

皆様にとって2019年が素晴らしい年になることを願っております。

 

当院は1月4日から本年の診療を開始しております。

当院は予約制で予約の方が優先となるので、お待ち頂くこともあるかと思いますが。

痛みや腫れなどがある場合は、できるだけ早めに対応できるように考えますので何かありましたらご連絡ください。

また、当院は一般的な歯科医院より一回あたりの診療時間を長めに設定して、拡大鏡やマイクロ(歯科用顕微鏡)での丁寧で確実な治療をしております。

ご都合や体調不良などでキャンセルされる場合はできるだけ早めにご連絡頂けますと幸いです。

(あまりにキャンセルが多かったり、無断キャンセルを繰り返される場合はご希望の予約を受けかねることもありますのでご注意下さい(^^;;)

ご希望の方にはキャンセルが出た場合にご連絡させて頂いておりますので、急患の方や予約待ちの方はその旨お伝え下さい。

 

平成から次の年号に変わる変化の多い一年となるでしょうが、当院も負けずにさらに進化していけるように頑張って参ります。

本年も当院と当院のスタッフ一同を宜しくお願い申し上げます!!

インプラント

少し前の暖かさが信じられないくらい、宇部市もいきなり冬になった感じがしますね(^◇^;)

インフルエンザ、風邪など流行ってきているようです。

手洗いはもちろん、細菌やウィルスの入り口となる口の中は清潔に保ち、感染症をできるだけ防ぎましょう!

あと、鼻呼吸することで鼻は鼻毛などで侵入を防いだりしますので、できるだけ口呼吸でなく鼻呼吸するように意識してください。

特に最近のお子さんは舌や口周囲の筋肉が弱かったり姿勢が悪かったりでお口がポカーンと開いている事が多いと言われています。

口呼吸にしないよう、舌は上顎の口蓋と言われる部分にしっかりつけて唇を閉じるようにして鼻呼吸するようにしてください。

(ちなみに、唇を閉じても歯は当てないようにリラックスしてくださいね♪)

 

先日、天然歯とインプラントについてずっと勉強させて頂いている小濵先生のコースのOB会に参加してきました。

このコースも前身の基礎コースから含めると2011年から参加し続け、OB会が結成されて2回目となります。

そう考えると自分の年齢を感じますが、その分勉強して色々な経験をしてきたのだなぁと思うようにしています(笑)

 

昨年は初めてのOB会で会員発表を申し込んでかなり緊張していましたが、今回は発表はなく聴衆の一人だったので気楽でした(^^;;

会員発表では、昔から一緒に勉強している先生、最近知り合った先生の発表を聞いて沢山の刺激を頂きました。

翌日の特別講演では5−Dというグループを立ち上げられた一人、金沢市でご開業の船登先生のインプラント治療の光と陰の部分、小濵先生との対談を拝聴しました。

残せる歯は残す、一旦インプラントが必要となれば残せると判断する歯の基準が上がるという船登先生の考えはとても共感できました。

やはり自分の歯が残せれば一番です!ただ、無理な歯をなんとか残してインプラント治療をするとインプラントに感染が及んだり、後で治療が難しくなったりします。

インプラントを沢山されている先生を否定するわけではありませんが、当院ではまず残せる歯は残して治療するのが基本です。

それでも保存できない場合はインプラントやブリッジ、義歯をどう選択するかを患者さんと先に考えて治療計画をある程度考えた後に抜歯することを考えております。

 

その他にもインプラント治療での新しい戦略や小濵先生との治療の違いなどを交えて、ズバズバとはっきりした話し方でとても勉強になりました(^ ^)

陰の部分では、自分の歯は動いて行くものなので、その動きについていけないインプラントの問題点など、対応策を考えながらの最近の先生の治療方針を教えて頂けました。

IMG_0944 IMG_0945

10月の国際歯科大会で著書に頂いたサインです。

同じ5−Dで共著の石川先生とお二人のサインで、ありがたいことに石川先生に名前にハートを付けて頂きました(笑)

改めて、しっかり噛んだり他の歯の負担を減らすインプラント治療の光の面、その管理の難しさを含めた陰の面を考えて、治療に当たって参ります。

 

12月も半ばになりました。

12月22日は午後1時くらいまでの受付になっております。また、年内は29日の午後1時半くらいまでの受付で診療を終える予定です。

何かお口の中で心配な事がありましたら早めにご相談ください!

1 2 3 4 5 6 20
歯科・沖田オフィス 〒755-0011  宇部市昭和町1-4-5
ご予約・お問い合わせは0836-39-8810
Copyright (C) 2014 OKITA DENTAL OFFICE All Rights Reserved.